季節の変わり目と、肌トラブル対策に関して

季節の変わり目になると、体調を崩す人が増えますが、そうなると、日常生活のあらゆる場面で大きな支障がでてきます。当然、お肌の調子も悪くなり、もともとニキビがある人は症状が悪化する原因にもなります。

夏から秋に掛けては「夏バテ」が大きな特徴です。「夏バテ」ということばから、体の不快な症状は真夏に起きると思いがちですね。しかし、夏場に受けたダメージはすぐに現れるのではなく、秋になってから出てくるのです。

それを防ぐためには、栄養バランスの取れた食事をはじめ、十分な睡眠を心掛けることが大切です。また、「ありきたり」のことですが、ストレスを溜めこまないことも大きなポイントです。

心や体がなんらかの圧迫を受けると、肌トラブルが起きるだけでなく、顔の表情にもストレートに反映します。睡眠不足で迎えた朝、鏡をみてびっくりすることもありますが、そのような日々が続くと、心身の健康を保つための大きな障壁になります。もちろん、お肌の状態をキレイに保つためにはNGですので、早めに休むなどの対策が必要です。